キャッシングができないのはなぜ?

仮に私たちが誰かにお金を貸す場合、自分の中での条件をしっかりと満たしている人にしか貸さないはずです。誰彼構わずお金を貸す人はそうそういないでしょう。消費者金融も同じです。条件を満たさない人にはお金を貸しません。では即日キャッシングできない人とはどんな人でしょうか?もちろん大前提としてお金を返してくれる人であるかどうかということ。ですから無職だったり生活保護を受けている人はキャッシングできません。また多くの消費者金融が20歳から69歳までと年齢制限を設けています。ただ年齢に関しては、金融業者によって学生や未成年、69歳以上にキャッシングしているところもあります。ほかの理由としては、すでに他社の消費者金融や銀行系キャッシング、クレジットカード会社のキャッシングで年収の3分の1融資してもらっている場合です。これは総量規制という法律により年収の3分の1以上は借入ができないことになっているからです。または過去に自己破産をしていたり長期の延滞がある場合です。その場合過去の情報が信用情報機関に残ることになります。情報が残されている期間は借り入れが難しくなります。収入もキャッシングに影響しますが、これは銀行系か消費者金融系かで変わります。銀行系ですと年収が低い場合キャッシングができない可能性が高くなりますが、消費者金融の場合は仕事がアルバイトやパートなどで年収が低くても、利用できる可能性が高くなります。