エンボスが付いているデビットカードは作る方法

デビットカードには、エンボス加工がされていないものがほとんどです。カード番号や利用期限の年月、氏名のローマ字に凹凸が付けられているもので、券面に出っ張りがあり、クレジットカードでは多くの券面に加工がされています。これは、日本や先進国の大部分では、ほとんどの店舗で機械によるシステムが用いられているため、カードを通すだけで利用明細がプリンターから発行されるようになっています。また、オンラインで決済システムにつながっているため、瞬時にシステム側で把握され、不正が行われにくくなっています。

しかし、海外の店舗の中には、システムとプリンターが導入されていない国があり、手動式のインタープリターという道具を使い、カードと転写式の用紙を挟み、上から力を加えることで利用明細を作成するのです。エンボス加工されていることから、そのままカード番号等が転記される仕組みになっています。手作業で行うため、信頼できるお店でないと金額の転記ミスや不正等が行われる可能性も捨て切れません。

デビットカードではエンボス加工のカードを作成する方法は、現時点では難しいと考えられます。一部のクレジットカードでも同様に凹凸がないものが多くなっていますが、これは、店舗や交通機関で利用される電子マネーと一体型になったカードに多く見られます。デビットカードも一体型のクレジットカードと同様に、凹凸の加工があると、ATMやチャージ用の機械、券売機などにに入れる際に、カードを通すことが難しくなります。どうしてもエンボスが入ったものがいい場合は、電子マネーやキャッシュカードと一体型になっていないクレジットカードを作るしか方法がなさそうです。
デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)はこちら